地震に強い新築一戸建ての特徴

住宅の耐震基準は、大きな地震が発生するたびに高められています。そのため現在では、以前よりも耐震性の高い住宅が建てられるようになっています。つまり、古い住宅と比べると、新築一戸建ての方が地震に強いと言えるのです。
具体的にどのように地震に強いのかというと、耐力壁で工夫を凝らしてあります。屋外に面している外壁のみを分厚くするのではなく、部屋と部屋との境にある壁にも、ある程度の厚みを持たせてあるのです。この耐力壁を住宅内の随所にバランスよく設置した新築一戸建ては、地震で強く揺れた際に、階上の重みに負けて崩れるリスクが低いと言えます。
また、壁の内部の筋交いをしっかりと機能させるために、窓などの開口部を少なく小さくした新築一戸建てもあります。さらに、柱ではなく厚みのある板で、よりしっかりと階上を支えるという、ツーバーフォー工法で建築されることも増えているのです。
いずれも地震に強いことから、生命や資産を守ることを強く希望する人々から注目されています。

伊勢で和モダンの平屋を建てるなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です