地元の建築業者に依頼して造った我が家の住宅プランは、

住宅建築に関してわ風の木造注文住宅の建築に際して色々思案してみましたが、やはり、結論としては木造という建物になってしまいました。 建物の材質や外形は予算の関係もあり、どちらかと言うと標準的な切り妻様式の木造で、其れに建物の内装、外装、更に所設備関係は全く普通の標準的のものか、それよりやや抑えた感じの物になりました。
つまり、此等の大きな理由というのは、やはり、予算をギリギリに抑えるという、抑えなければならないという宿命が有ったのです。

さて、我家の重宅建築プランですが、建物の広さですが延面積は坪数にして凡そ35坪で、当時の相場である建坪単価にすると世間相場よりはやや低く抑えられたかなといった感じでした。 其の理由としても、第一は地元の大工さん、建築屋さんに依頼したことも有りますし、其れに追加工事も当然発生して車庫や物置などの付帯設備を入れると、其れでも坪単価にすると60万円以上にはなってしまいましたね。

建築業に関しては、自身の場合は親の関係もあって結局地元の業者に頼んだのですが、地元や周辺地域で大変古くから寺社関係の建築に携わっていた宮大工の〇〇建設という、どちらかと言うと個人経営の工務店に近い業者です。 勿論、地元の建築屋さんや工務店と言う、仕事そのものは土着した人との繋がりで仕事をしているようなもので、それら建築に関係した職人達も概ね地元や周辺に滞在しているということです。

いずれにしても木造の注文住宅の利点といえば、標準的な建物の場合は単価も安く、其れに自分で有る程度の建築の仕様や構想を考えられることもできますし、特に、間取り等は家族と相談しながら家の向きとか洋室にするか、和室にするかか、肝心なLDKはどうしようか、又は、給湯関係はどうしようとなどと、限り無く家族の思いが反映して造ったということがやはり、最大にメリットだったでしょう。

二世帯住宅を伊勢のハウスメーカー、工務店で建てるなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です