人気新築物件で後悔した2つの事 

私は44歳の男性サラリーマンです。5年前に半注文の新築一戸建てを購入しました。半注文住宅というと、家の形はある程度、決まっているけど、外壁の色や窓枠の色、その他、扉や床の色、コンセントの位置などは全て自分で決める事ができるような物件の事です。私の買った物件は、下見に行った2週間後には、すぐに買い手がつくほどの人気物件でしたが、購入当初、後悔 した点が 2点ほどありましたので、これから家を買おうとしている皆様に同じ思いをして頂きたくはないと思いますので、どういった点に後悔したのかを記述させていただきます。まず一点目は、入居してから、想像以上に車の騒音があったことです。購入前は、昼間には下見に行きましたが、その際は、あまり気にはなりませんでした。しかし、いざ入居してみると夜間の騒音があり、結局、二重窓を設置することになり、無駄な出費が発生してしまいました。人気に安心して、あまり下見を綿密に行わなかったの原因ですので、入居する前には、昼間だけでなく、早朝や夜間にも下見をして欲しいと思います。もう一点の後悔は、外壁の色についてです。私の場合は、小さな色カタログで人気があるという外壁の色に決めました。 しかしながら、実際の色を見てみると想像以上にクリームがかった白色で、自分のイメージとはかなり異なっておりました。外壁などは、小さな見本で選んだり、人気に振り回されるのではなく、実際に同色で建てられた家を見て、判断した方が良いと思います。以上2点ですが、これから家を買おうとする人は、こういった後悔をしないようにしてください。

低価格住宅でも漆喰は大事な壁材です

住宅において漆喰を塗ることはとても大事なことであります。
それを壁に塗っていくことで、湿気対策になりますし、レイアウトの調整には欠かせないアイテムになっています。
また漆喰は着色することも可能です。
普通ならば白色になっていることが当たり前になっています。
でもいろいろな色に調合をすることは可能です。
それを使ってオリジナルの壁に変更することも可能です。
自分は低価格住宅メーカーで新築で家を建てました。
もちろん壁はそういうような感じで作ってもらいました。
新築でしたので、いろいろとああしてほしいなって思うことがありました。
一応言いたいことは言っておいておきました。
そうしないと後で後悔してしまうので。
新しい家を建てることは車を買う以上に大事なことだろうと考えています。
でもやるならとことんこだわってやりたいと思いました。
それが漆喰のオリジナル化につながったのかなって自分は思いました。
良いものを少しでも使いたいし、そういうものを使えばもっといい家ができてもっといい生活ができるであろうと考えています。
しかしながら、それなりにアイテムにこだわればそれなりの費用は掛かってしまうと思いました。
でも妥協してしまったら後悔するし、あとで変更はできないので、ここは奮発する必要はあったと考えています。
おかげ様でいい家にできましたし、生活も人並み以上にできていると自分は思っています。
これからも大事に家に住んでいきたいです。

注文住宅で地震に強い建物が作れる現実

頻繁に起こる自然災害の影響で家はダメージを受けます。そうした自然災害を考えると家の耐久力が必要です。つまり家づくりでは自然災害への対策を練っておくべきです。
最近では大きな地震が多いので対策は必須になっています。家づくりでも地震に強い要素を入れることは重要です。そして地震に強い建物を作れるのが注文住宅です。
注文住宅ならそこで個人の要求を出すことができます。その要求に沿ってプロたちは家を設計します。つまりは自然災害に強い建物をここで目指せば良いのです。
家を作るなら一般的に設備よりも素材にこだわるべきです。その理由は素材によって耐久力が大きく変化するためです。具体的には良い素材を使えば地震に強い住宅が完成します。そういう家なら家族と安定した生活が続けられるのです。
このような部分で今の注文住宅には高い支持があります。地震は確実に家を壊すので、できるだけ素材やスタイルにこだわった家づくりが必要です。結果的にそれは身近な家族の平和な暮らしを守ります。

地震に強い新築一戸建ての特徴

住宅の耐震基準は、大きな地震が発生するたびに高められています。そのため現在では、以前よりも耐震性の高い住宅が建てられるようになっています。つまり、古い住宅と比べると、新築一戸建ての方が地震に強いと言えるのです。
具体的にどのように地震に強いのかというと、耐力壁で工夫を凝らしてあります。屋外に面している外壁のみを分厚くするのではなく、部屋と部屋との境にある壁にも、ある程度の厚みを持たせてあるのです。この耐力壁を住宅内の随所にバランスよく設置した新築一戸建ては、地震で強く揺れた際に、階上の重みに負けて崩れるリスクが低いと言えます。
また、壁の内部の筋交いをしっかりと機能させるために、窓などの開口部を少なく小さくした新築一戸建てもあります。さらに、柱ではなく厚みのある板で、よりしっかりと階上を支えるという、ツーバーフォー工法で建築されることも増えているのです。
いずれも地震に強いことから、生命や資産を守ることを強く希望する人々から注目されています。

新築一戸建ての注文住宅では一年中快適に過ごせる場所がいい

注文住宅で新築一戸建てを作る時に、どうしても外すことができない条件がありました。それは、なんといっても快適に過ごすことが出来る温度ということです。
そのように思ったのは、私は暑がりで寒がりだからです。以前の家では寒くて、たまりませんでした。そのようなことがあったので、自宅に帰宅することが辛いと思っていたんです。仕事をしているほうが、快適空間であると思っていたんですね。それは、とても悲しいことです。
その結果、夏には涼しい、冬には暖かい注文住宅新築一戸建てを建ててもらうことにしました。すると、以前の家とは比べ物にならないくらい過ごしやすいです。エアコンも付けることが、少ないのです。そのため、維持費がそんなにかからないのです。
そのような住宅にするには、経費もかかります。しかし、光熱費のことを思えば絶対そんな住宅にするべきと感じます。
そのことを特に思うのは、年を取ってからですね。その時に注文住宅の新築一戸建ては、ここにこだわってよかったと思っています。

工務店での新築一戸建ては要望を伝えやすい

私は、以前にハウスメーカーで新築一戸建てを建てていました。建てていたといっても、両親が一緒でした。そのため、主に両親が建てていたという感じです。しかし、その時にハウスメーカーよりも新築一戸建てを建てる時には、工務店がいいのではないかと思っていたんです。
そんな時、独立をして自分の新築一戸建てを建てることになったのです。そこで色々な業者について、調べてみたのです。その結果、工務店を選びました。
その理由としては、なんといっても要望を取り入れてもらうことができやすいということです。両親が家を建てる時には、要望をいった時に制限があってできないと言われていることをきいていました。ところが、工務店ではそんなことなくほとんど要望をきいてもらうことができたのです。
部屋もクロスについても、自分が探してきた希望のものを使ってくれました。その時は、とても感激です。自分がこうしたいと思ったことをほとんど叶えてくれるのは工務店です。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !